ベジフルみなComing

ベジフルみなComing

8月のみなかみ野菜

とうもろこし

6月から9月頃
みなかみでは、とうもろこしの品種で最も主流とされる
“ゴールドラッシュ”と、つぶが大きく、色が2色のバイカラーに
なっている“クラビス”を多く栽培しています。
び方
頭のひげが濃茶色でふさふさして湿っているもの、外皮が鮮やかな緑色のものが新鮮です。皮がむいてある場合は粒がふっくらしていて、
ぎっしりと詰まっているものがおすすめです。
べ方
とうもろこしは茹でるより、ラップでくるんで加熱すると、甘みが強く、うまみが逃げることなく凝縮されてとても美味しいです。取れたてのとうもろこしで作ったコーンスープも絶品です。
インタビューを聞く
とうもろこしを使ったレシピをみる

ピーマン

5月から9月頃
みなかみでは、緑ピーマンが多く栽培されています。イタリア語で
唐辛子のことを“小さいピーマン”と呼ぶように、ピーマンは唐辛子を
品種改良したものです。最近では苦みや青臭さも軽減された品種もあり、生で食べることもできます。
び方
ヘタの緑が鮮やかで全体的にツヤのあるものや、肉厚で弾力があり、ふっくらしてるものを選びましょう。皮にシワがあるものは鮮度が悪いので味が落ちます。
べ方
ピーマンは、加熱すると苦みが減り甘みが増します。苦みが好きな方は、強火でさっと調理して風味や食感を残したものがおすすめです。苦みが嫌いな方は、じっくり加熱して甘みを出すといいでしょう。肉詰めを作る際は、半分に切りさっと湯がき冷たい水にさらしてから、ひき肉を詰めて焼くとピーマンの青臭さが消され、美味しく
召し上がっていただけます。
ピーマンを使ったレシピをみる

ズッキーニ

5月から9月頃
ズッキーニの全国年間出荷量が第3位の群馬県。みなかみでは、グリーンとイエローのズッキーニを多く栽培しています。
び方
表面に傷がなくツヤがあり色が濃いもの、太さが均一で大きすぎない
ものを選びましょう。大きすぎると果肉がスカスカしていることが
あります。
べ方
グリーンに比べイエローはクセが少ないので、生で食べたり薄くスライスして油で揚げて野菜チップスにしたりと、食べ方も豊富です。グリーンは炒めものや煮物に最適です。
ズッキーニを使ったレシピをみる

モロヘイヤ

6月から9月頃
モロヘイヤの全国年間出荷量が第1位の群馬県。モロへイヤはエジプトでクレオパトラも食べていたと言われるほど長い歴史を持ち、
「野菜の王様」といわれる栄養価の高い野菜です。
び方
葉が濃い緑色で葉先がピンと張りがあるもの、茎は手で折れるくらい
やわらかいものを選びましょう。鮮度が落ちると、葉が変色して
しなびて茎が硬くなります。日持ちがしないので新鮮なうちに
いただきましょう。
べ方
湯がいて冷水にとり刻んでから、おかか醤油であわせると、さっぱりと食べれる一品になります。夏の暑い時期にピッタリです。 また、天ぷらにして塩をかけて食べたり、スープにいれたりするのもお勧めです。
モロヘイヤを使ったレシピをみる

ゴーヤ

5月から9月頃
東日本ではトップクラスの生産量を誇る群馬県。夏の暑さを利用したゴーヤの栽培が盛んです。
び方
鮮やかな濃い緑色で、ずしりと重い感触があるものを選びましょう。
イボがぎっしりと詰まっていて傷ついていないもの、硬くはりがある
ものが新鮮です。苦みが苦手な方は、薄い緑色のものを選びましょう。
べ方
細かく刻んだゴーヤと、ねぎ・生姜などの薬味に、水切りした豆腐・片栗粉・味噌を混ぜ合わせて平たく形を
つくり、フライパンで焼くと美味しくいただけます。 種周辺のわたをしっかり取ると苦みが軽減されるので、
苦手な方におすすめです。
ゴーヤを使ったレシピをみる

8月のみなかみフルーツ

みなかみ食材取扱店