ベジフルみなComing

ベジフルみなComing

3月のみなかみ野菜

ふきのとう

3月~4月
ふきのとうの全国年間出荷量が第2位の群馬県。
みなかみで採れるふきのとうは、小ぶりですがつぼみがしっかりして
いて緑色が少し濃いのが特徴です。
び方
小ぶりでつぼみが締まっているもの、つぼみの回りの葉が艶やかな
もの、固く閉じているものの方が苦みが少なく食味がよいです。
大きくなり過ぎたもの、つぼみが開いたものは苦みが強くなります。
べ方
・天ぷら
あく抜きせず生のまま生地を絡めてさっと揚げます。春らしい苦みを感じる一品。
・厚揚げとふきのとうの炒め物
人参とふきのとうを湯がき、厚揚げは油抜きをします。ごま油をいれたフライパンに人参、牛肉を入れて軽く
いため、厚揚げを加え、コチュジャン・酒・七味唐辛子で味つけし、最後にふきのとうを加えてさっと炒めます。
・ふきのとうみそ
下ゆでしたふきのとうを刻み、鍋で炒めなじんだら、味噌とみりんを入れて練るように混ぜます。
仕上げに砂糖を加えて出来上がり。白ごはんとの相性は抜群です。
ふきのとうを使ったレシピをみる

かき菜

3月~4月
かき菜は北関東の伝統野菜で菜の花の在来種。
クセが少なく甘みがあるのでお浸しや炒めものなどに向いています。
みなかみ産は、茎の部分がしっかりとしていて、葉の色が濃く厚めなのが特徴です。
び方
葉は、緑色が濃いもの、しゃきっとしているもの。
茎は、切り口がみずみずしく乾燥していないものを選びましょう。  
べ方
さっと湯がいてお浸しにして、出汁醤油やぽん酢で食べたり、みそ汁の具として食べてもいいでしょう。
バターやニンニクで軽く炒めても食感を楽しめます。また、3cm位に切ったかき菜とベーコンを軽く炒め、
小麦粉・卵・おかかなど加えておやき風に焼いても美味しいです。
かき菜本来の味を楽しめる天ぷらもおすすめです。      
かき菜を使ったレシピをみる

みなかみ食材取扱店


他の月の旬の食材を見る

トップページへ戻る