ベジフルみなComing

ベジフルみなComing

6月のみなかみ野菜

オカヒジキ

4月から10月
野草の仲間で、見た目がひじきに似ていることから「おかひじき」と
名前が付けられました。
栄養価が高い食材として認識されてから、スーパーなどでも販売されています。
シャキシャキとした食感が美味しいです。みなかみ産は一本一本が太めです。
び方
鮮やかな緑色で、ツヤ・ハリがあるものを選びましょう。
べ方
生のまま調理する場合は、冷水に浸しシャキっとさせましょう。他の野菜やハムなどと混ぜてサラダにすると
食感を楽しめます。下ゆでしたものは、酢の物やおひたし・ごま和えにしても美味しいです。
オカヒジキを使ったレシピをみる

さやえんどう

5月から6月
「えんどう」という品種は、生育過程によって呼び名が違います。
豆が大きくなる前に収穫したものを「さやえんどう」、
成熟しかかっているときに豆だけ食べるものを「グリーンピース」、
完全に成熟してから収穫するものを「えんどうまめ」と言います。
みなかみ産のさやえんどうは、すこし小さめなのが特徴です。
び方
きれいな緑色で、さやの中の豆が小さいもの、ひげが茶色になっていないものを選びましょう。
べ方
下ゆでせずに炒め、おかかと醤油で味付けしたり、さっと茹でてごまなどで和えたり、
下ゆでしてさつまあげ・人参などを加えて卵でとじると美味しいです。       
さやえんどうを使ったレシピをみる

アスパラガス

5月から8月
みなかみ産のアスパラガスは、穂先が固めで細めなものが多いです。
び方
太めなもので重みがあるもの、緑色が鮮やかなもの、
茎にある△のハカマがきれいな三角形のものを選びましょう。
べ方
根元を2cm程度切り落とします。根元がかたい場合はピーラーで皮をむきましょう。
茹でる場合は、塩を入れた熱湯で茹でます。余り茹ですぎず歯ごたえが残るぐらいでお湯から上げ、
おひたしやマヨネーズなどでいただきます。
ベーコンやキャベツなどと炒めたり、ベーコン巻きにしたり、長いままフライパンでじりじりと焦げ目がつくづらいまで
焼き、お皿にのせてから鰹節とお醤油をかけていただくのも美味しいです。
アスパラガスを使ったレシピをみる

茎にんにく

5月中旬から6月初旬
にんにくは玉ねぎと同じで球根を食用としていますが、
にんにくが花をつけるために伸ばす「花茎」と呼ばれている部分が
「茎にんにく」です。
球根に栄養をためるために「花茎」は刈り取られ、
「茎にんにく」として売られています。
スーパーに並んでいるのはほとんど中国産ですが、初夏の道の駅や直売所には
産地で刈り取られた「茎にんにく」が販売されています。
香りはにんにくよりソフトで、炒めるとシャキシャキとした食感が楽しめます。
び方
緑色がみずみずしくあざやかなもの、弾力性がある物を選びましょう。
全体的に黄色味を帯びている物は鮮度が落ちています。国産の蕾がついているものは、
先端まで青々としてぴんとしている物を選びましょう。
べ方
炒めものにするとシャキシャキとした食感が楽しめるのでおすすめです。
細切りにした牛肉と一緒にオイスターソースで炒めたり、シンプルに塩とオリーブオイルだけで炒めたりすると
美味しいです。
下茹で(塩を入れた熱湯で2・3分茹でる)したものは、和え物やナムルにしてもいただけます。
茎にんにくを使ったレシピをみる

6月のみなかみ果実

さくらんぼ

6月から7月上旬まで
・正光錦(せいこうにしき)
早生で佐藤錦より一足早く収穫できます。果肉が柔らかく、
やや大粒で甘味がひきたち優しい酸味。
・佐藤錦(さとうにしき)
さくらんぼの代名詞ともいわれる品種。
甘味と酸味のバランスが良く食味も優れてます。
・紅秀峰(べにしゅうほう)
比較的新しい品種。酸味が少なく、糖度が高いため甘いさくらんぼとして人気。果肉が硬めなので、日持ちもします。
び方
全体が真っ赤に色づいているもの、実に傷がないもの、皮につやがあるものを選びましょう。
茎をとってしまうと一気に鮮度が落ちるので、茎は付けたまま保存しましょう。
べ方
購入後すぐに食べる場合は、長時間低温になると美味しさが損なわれてしまうので、食べる直前に冷やしましょう。
さくらんぼを使ったレシピをみる

小梅

5月末から6月
梅の収穫量が全国で2位の群馬県。
みなかみ町の小梅は比較的粒が小さめなのが特徴です。
び方
傷や斑点のないもの、丸みがあって香りが良いものを選びましょう。
べ方
・下処理
アク抜きのため、きれいに洗ってから水に1時間程度つけます。水から上げてタオルなどで水分を取り除き、
茶色いヘタを竹串で取り除きます。
・梅干し
塩漬けし重石を乗せると2・3日で梅酢が上がってきます。梅雨明け後の晴天の日に、梅を3日間天日干しして完成です。
・カリカリ梅
梅全体に焼酎をまぶし、すぐに焼酎だけ保存容器に移し、梅には塩をまぶし、手のひらで押しつけるようにもみ込みます。
乾燥させた卵の殻をガーゼで包みます。
焼酎が入った保存容器に半分の梅を並べ、ガーゼをのせ、残りの梅を敷き詰めます。
重石をのせると数日で梅酢が上がり完成です。
小梅を使ったレシピをみる

みなかみ食材取扱店


他の月の旬の食材を見る

トップページへ戻る